はじめに


57e965889e1a7eb33156be07cb42c37a

みなさん、お久しぶりです。最近はリアルを優先して生活していまして、ブログの更新ができていませんでした。誠に申し訳ありません。

さて、今回感想記事を投稿する作品は『ensemble』さんの『乙女が結ぶ月夜の煌めき』という作品です。ensembleさんと言えば『女装学園潜入もの』!しかも主人公がヒロイン以上にかわいい(容姿はもちろんのこと何といっても性格が作中最もかわいい)ことで知られています。

それは今回の作品でも例外ではありません。それもそのはず、上にある画像ですが、左側の女性?がなんと主人公なんです。オーラが完全に女性なんですよねw

もうね、くぁあいい!!

そして胸!その胸はいかがなさったんですか?w・・・なるほど。おっぱいがある男の方なんですね?

・・・よし!本題に移りましょう。

評価


977a1395eadb2f80139817c17e922f94

シナリオ  :☆☆☆☆

ヒロイン  :☆☆☆☆☆
サブキャラ :☆☆☆☆☆
テキスト  :☆☆☆☆
グラフィック:☆☆☆☆
システム  :☆☆☆
音楽    :☆☆☆☆
エロ    :☆☆☆☆

概要
シナリオに関しては、個人的に前作、前々作よりも凝っていて、とても面白いと思いました。ヒロイン・サブキャラともにかわいいし、個性が良く出ているしで悪い所が見当たらなかったです。テキストも読みやすく、最後まで疲れず純粋なシナリオを楽しむことが出来ました。システムはいつも通りでグラフィックや音楽、エロに関しては、毎度の期待通り、『ensembleワールド』を突っ走ってくれていたので、安心して全力で浸ることができました。

共通ルート


共通ルートの簡単な道筋は

主人公とその主人が女学園に転校 → 登場人物たちと仲良くなる → 転校先の学校で発生している問題に気づく

といった感じです。

個別ルートはもちろん、共通ルートでも私たちを楽しませてくれる要素(主人公と主人の関係性、もはやお家芸となったお風呂イベント、主人公の女子力っぷりetc...)が多くありました。

個別ルート


冷泉雫音 CV:桃山いおん
2d87bc72da56ce8b226e75be362a8f99

財閥の息女。学園の理事長。髪がサラサラで、いかにも「The.お嬢様!」という感じの女の子だなというのが第一印象でした。理事長と言われると、個人的には高貴で他の人を引き寄せないイメージが沸きますが、雫音ちゃんは包容力があるタイプで、全てを優しく包み込んでくれそうな女の子でした。

彼女との生活は「世間知らずも限度があるでしょ!!w」っていうくらいの世間知らずなところもあって、驚きつつも、新鮮で、楽しめました。

藤咲渚 CV:猫村ゆき
32b271ce15a352280fc6f8429f6288b1

ひと作品に一人は欲しい「おっとりぽわぽわ系女子」。こういう子がいると安心しますよねー!このタイプの女の子に共通する特徴は「みんなから懐かれている」ところだと思っています。そりそうですよねwこんな何でも受け入れてくれそうで、話しやすくてかわいい子なんて、そうそういないですよ。

天然でありながら、家庭科部の部長をしていたりと割としっかりとしている部分もあって、周囲からは「可愛くて頼りになる存在」として認識されています。どれだけできた人間なんだw

恋人になってからは、自分の天然な部分を最大限に利用して甘えてくるので、終始キュンキュンしてましたよw

篠森涼花 CV:桃井いちご
275ac2ee19f6ef95f98bbe2a8c1cb6c1

学生会副会長で、周囲からは一目置かれている存在。私も個別ルートに入るまでは、「なんでもできそう」とか「彼女を頼りたい」とか、”周囲と同じ目”で見ていました。

でも個別ルートに入って、「不安定な彼女」を知ってからは、今まで持っていた考えは一気に吹っ飛び、「彼女が甘えられる人」になりたいと思うようになりました。

彼女になってからは、不安定な部分がより表に現れるようになり守りたいと思う気持ちがさらに大きく膨れ上がりました。

エンディングの全身絵は必見です。

佐倉こころ CV:くすはらゆい
0a79eaa04f8b84c3f7a3270265816095

でました。本日のダークホース!声優さんがくすはらゆいさんだったので、実は一番目を付けてましたw「くすはらゆいさんで妹又は妹属性キャラ」だったので嫌な予感はしていましたが、案の定裏の顔がありましたよwまあそれは本編見てのお楽しみということで

その裏の顔というのがまた強烈で、一気にストーリーに引き込まれてました。

くすはらさんの妹力は相変わらず健在で、思う存分楽しませてもらいましたよ。えぇ。

きゃぴきゃぴしてて可愛かったなぁー・・・

四條蘭 CV:花園めい
3a3b54ef27faf57f9d463800f8d11a02

主人公が敬愛する主人で頭脳明晰、容姿端麗なお嬢様。主人公を振り回しながら、最後まで支えてくれる女の子で、こんな子なら喜んで振り回されるなと思いました。

考えることが普通じゃないので、いい意味で他の人とは違った魅力のある不思議な人でした。

幼い頃から主人公の事を想っていて、作中でも主人公に好意を寄せている所が見え隠れしていて「こいつかわいいなw」と感じていました。想いが叶った時には、こっちまで嬉しくなってニヤニヤしてました。

自分もこれだけ人に想われたら幸せだなぁと思うルートでした。

??ルート


本編クリア後にシークレットで、結構重要なルートが発生します。このルートをプレイしないと浮かばれない人が一人いるので、ぜひプレイしてあげてください。

まとめ


いやぁさすがensembleさん。クオリティは一定水準以上あり「ensemble感」が健在で、安心して楽しむことが出来ました。楽曲一つ聴くだけでensembleの作品か当てられる自信がありますw

ensembleさんには今まで散々お世話になってきたので次回作にもぜひお世話になりたいと考えてます



公式サイトはこちら
http://www.ensemble-game.com/21.ototsuki/index.html