椎葉古杜音ルート評価(☆☆☆☆☆)


シナリオ ☆☆☆
キャラ  ☆☆☆☆☆
その他評価は共通ルートのレビューをご覧ください


鴇田奏海について※公式サイトより引用


250990892ceb19a3ae920615e1bfd8d1


スリーサイズ


89 E / 59 / 86

好物


ところてん

概要


戦後すぐに即位した皇国の皇帝、通称《翡翠帝》。 国民に絶大な人気を誇り、可憐な姿と涼やかな声は敗戦で傷ついた国民の心を癒やしてきました。 一般には先代皇帝の娘だと信じられていますが、実際には王家と血の繋がりはなく、正体は宗仁の義妹です。 しかし、彼女の素性は最高機密とされ、兄妹ともに互いが生存していることすら知りません。 どのような事情で彼女は皇帝に即位したのでしょうか。 性格はかなり控えめ。男性の数歩後ろを静かについていくような奥ゆかしさがあります。

大まかなあらすじ


翡翠帝の名を騙って、兄である宗仁を探していた奏海ですが小此木の命により、学園に通うことになります。 その学園で兄を発見し、歓喜する奏海。エルザによる提案から武人と協力して小此木を討つ竜胆作戦を行うことになり、 初めはエルザに協力するつもりでありましたが朱璃が真の陛下だと知らされた奏海は武人側につくことになります。 しかし、竜胆作戦が間近に迫ったある日、何を思ったのか奏は、自分が陛下を騙っていることを国民に暴露してしまいます。
8e1543530c9a18b72d5005ca5031d997

総評


このルートをプレイして愛っていい意味でも悪い意味でも人をこんなに変えちゃうのかなと思いましたw あんなに奥ゆかしくてかわいかった奏海が、終わってみたらあらびっくりわがままを言う子供みたいになっちゃってw
兄のためなら敵の総督も殺しちゃいますw一国の陛下が敵国の総督を殺すってよく考えたらえらいことですよねw
d3f26df338aa7f6cd930452ff0a25a84
シナリオの評価を下げた理由は、全体的にボリュームが少なくて薄っぺらかったかなって思うのと、さすがに妹暴走しすぎでしょと思ったからです。 だって、初めは自国のために自分の命もいとわないと意気込んでいたのに、いきなりお兄様のためなら国民なんて関係ないみたいなこと言いだすんですよw さすがについていけなかったですよw キャラは、それはもう可愛いの一言ですよ。声優もめちゃめちゃかわいかったです。

最後まで読んで下さり有難うございました!

鴇田奏海のテーマ