1ed995159a9b959d5bb2d3c6672d8d99

評価


シナリオ  :☆☆☆☆
キャラ   :☆☆☆☆☆
サブキャラ :☆☆☆☆☆
テキスト  :☆☆☆☆
グラフィック:☆☆☆☆
システム  :☆☆☆
音楽    :☆☆☆☆
エロ    :☆☆☆☆

キャラゲーとしては、申し分ない出来だったと思います。

シナリオについては、秀でてる部分を特に感じませんでしたが、キャラゲーとしては、面白いと思いました。
キャラやサブキャラについては、魅力的なキャラクターが多かったです。
テキストについては、作風に寄せているため漢字が多く、少し読みにくいかなぁと思いました。
グラフィックについては、安定していました。
システムについては、よくあるルート分岐式でした。
音楽については、けっこう豊富で、その時々の雰囲気に合っていました。
エロについては、キャラが可愛い分、とても興奮しました。

以上。完全に個人的な評価ですが参考になればと思います。

全体的な説明と感想


序盤は、物語を進めていく過程でどうしても必要になるであろう、ゲーム内での知識の説明合戦が続きました。漢字が多くて読みにくかったかもしれませんが、今思えば、この作品のクオリティを上げるために必要なことだったと思います。
4e6079eb3bdeab7468ddc272436bdd1d
上の画像のように、ゲームで使う用語の説明がちょくちょく入ります。緑色に光っている単語をクリックすると、詳細な説明が、画面の左側に載るようになっています。しっかり理解したほうが、この先の話が面白くなること間違いなしですが、そんなにきっちり理解しなくても、支障はないと思うので、「へぇー」くらいで十分です。

ヒロインのかわいさが異常でした。序盤で頭角を現したのは、唯一帰国子女にしてロリ金髪の「フリージア・ゴッドフィールドちゃん」です。もう見てください、このかわいさ!
5f9d181dd741238bf1ddfcca41c59e85
こんな無防備な恰好をされたら、にやけちゃいますね。みんな可愛すぎ、早く抱きたい、誰を最初に攻略しようかな~(●´ω`●)

中盤からは、主人公が誰と大会優勝に向かって、練習を共にするかの選択肢を選ぶことになり、ここで誰のルートに入るかが決まります。ここでよかったのが、ルートごとに主人公の立ち位置がガラリと変化する所です。コーチとしてだったり、弟としてだったり、親友としてだったり・・・またそこからどうやって恋人にまで昇華するのか、見ごたえがありました。

おすすめの攻略順は、フリージア→椿→しおん→桜夜です。
最後に言わせて?主人公の目何なの!?

個別ルート


※少しネタバレ要素があります。
ルートの詳細な説明をするわけにはいきませんので、どうしてもふわふわしたものになってしまいました。申し訳ありません。

フリージア・ゴッドフィールド
フリージアは、本当に元気で研究熱心で、自分の欲望に忠実に生きている女の子だなぁーと思いました。そして、何より口元が可愛すぎ。
a6af16a85af959532a66a1685978e784
1b3b67cf10b7c81a166a99ee9647bdef
この口をみてたら・・・あぁだめだ興奮してきた・・・キスしたい・・
こんな子に惚れられたら、頑張るしかないでしょう!

このルートでは、主人公はフリージアの師匠として、フリージアの鍛冶師としての上達のために尽くすことになります。どんな時も、努力することを止めない彼女を見ていたら、見ているこっちまで元気をもらいました。

朱雀院 椿
椿は、朱雀院の人間として本当にいろいろなものを背負っているんだなぁと思いました。そんな中でも、主人公の姉としてあろうとする姿に、尊敬の念を覚えるほどでした。それでも、椿だって私たちと同じ人間。背負いきれなくなって、自滅していくところは、見るに堪えず、「主人公もっとシャンとしろ!!」って叫びたくなっちゃいました。
5458e3202f0c4e48bf73a939be3943ff
自分が弱い人間だったと気づき、同時に主人公に惚れていると自覚し、主人公から告白された時に流れた涙。その時に出た、↓の言葉にいろいろな気持ちがこもってて「ようやく肩の荷が下りたんだなぁ、よかったなぁ・・・」と感じて、こっちまで泣けました。
bc163b280feb2fd89d47408a4e866402

藍原 しおん
しおんちゃんは、ひたすらぽわぽわしててかわいかったなあー(^ω^)ペロペロ
必死に「コーチ!コーチ!」って慕ってくる姿には、思わず身もだえしてしまいます。試合に負けて、主人公の胸で泣いてしまうしおん。絶対に強くさせてあげたい!!そう思いました。
6da7005a1024999c7374ecbd6106f2aa

上和泉 桜夜
桜夜は、ヒロイン中一番大人で、大人であるが故の、素直さに「もっとわがままになってもいいのに・・・素直すぎるよなぁ」と感じました。序盤は、主人公のことを、まだただの友達とおもっているのか、それとも自分の恋心に気づいてないだけなのか、主人公に平気で素肌を見せてきます。
513e9b972d1440b57d25a4a746c21c50
当然、ドギマギしちゃう主人公。普通こんなことされたら、目のやり場に困りますよね・・・。童貞ですハイ

いつからか、主人公を男としてみていることに気づき、これが恋心と自覚してからは、恥じらいが生まれ、時折、真っ赤に染まった顔を見せてくれました。可愛かったなぁー
無題4

サブキャラ


攻略したかったキャラクターが多すぎですよ!このゲーム!私が特に攻略したかったのは、萌生菜(めいな)ちゃんと綾瀬ちゃんです。
10c388ce1cd67ec207fe1b40d692ff29

まとめ


この記事を書いてみて、キャラゲーの記事を書くことの難しさを経験しましたw
シナリオゲーは、プレイ中はいろいろ考えないといけないけど、記事を書くときは一気にかける。
キャラゲーは、プレイ中は楽しく気軽に出来るけど、記事を書くときは内容が薄くなる。
各ジャンルによって、それぞれ難しさが違うんだなと改めて感じました。
最初にも言った通り、キャラゲーとしてはよくできており、ヒロインやサブキャラの魅力を十分に惹き立てることができてたと思います。話の内容も、それなりに面白かったし、バトルもかっこよかったです。
CRYSTALiAさんの処女作なので、このブランドを知るためにプレイするのも一興かなって思います。

ティザームービー


公式サイト
http://crystalia.amusecraft.jp/