皆さんこんにちわ~(*・ω・)ノ

最近、他のゲームに浮気しちゃってこっちがおろそかになってましたー
申し訳ないです

一つの作品をクリアする速さが尋常なく遅いなと思ったので、ルート毎に経過報告として記事を更新していくことにしました。

このブログの方針として、ネタバレは極力ないようにしています。そのため、情報量がどうしても少なくなってしまいますが、これから購入を考えている人はぜひ読んでみてください。

全ルート総合記事はこちら

Eventcg_10_full

今回、感想を書くのはタイトルの通り、共通ルートです。
☆での評価は、全ルート終わったときにまとめ記事として改めて書こうと思います。


ゲームシステム紹介(共通)


共通ルートをプレイしていて、一番感じたことは、「ゲームシステムがすごい!」ということです。今まで、見たことがない斬新なシステムでしたので、紹介していきます。

主人公のいない所でヒロインが何を考えてるのかわかっちゃう

こちらの画像をご覧ください。

d9288a72d68f96df89bbb951a8ffc573

何やら意味深なテキストが書かれていますが、そこではありません。画像右上にある「視点を変更」というボタンです。これをクリックすると、ヒロインの選択画面が表示され、見たいヒロインの視点に切り替えることが出来ます。

切り替えて、ヒロインが何を考えてるのかを見てみると、主人公に好きになってもらうために悪だくみをしていたり、主人公の事を気遣っていたり、主人公とあんなことやこんなことをしている妄想をしていたりと、とにかく主人公の事ばかり考えていました。

全ヒロインにこんなにも想われている主人公って・・・ウラヤマケシカラン

ヒロインにキュンっときたらボタンを押そう!

共通ルートでは、全ヒロインが全力で主人公にアピールをしてきます。

0b1105cfa442091a7bff2965346c9fff

これは、王様ゲームで語尾に「ペソ」と付けないといけなくなった芳乃が、さらに「ポン」もつけないといけなくなって、その状態で主人公とポッキーゲームをすることになった時のCGです。

いやあ、あざっとい!デモソコガイイ

このように、各ヒロインにかわいいと感じた時に、画面左上にあるボタンをクリックして、ハートをあげたいヒロインに、ハートをあげることが出来ます。

ちなみに、章毎にあげられる数が決まっていて、1章10ハートまでなんですが、この時吉乃に4ハートあげましたw

この他に、主人公がお風呂に入っているときに、水着姿の全ヒロインが、男子風呂に乗り込んできた時もありまして、どんなプレイだよ!?と思いました。その時のCGは、実際にプレイして確かめてみてください。

たまに、ヒロイン以外の例えばモブキャラの視点も見ることが出来ます。モブキャラの気持ちを知ることが出来るので、なかなか面白かったです。

ギャグ路線も中々面白い


いわゆるキャラゲーって、ギャグも以外と重要だったりしますよね。SMEEのフレラバという作品みたいなギャグが好きなんですが、この作品はそれに酷似していると感じました。先に紹介した画像を用いてギャグの一部を紹介します。

d9288a72d68f96df89bbb951a8ffc573
c906bed8534b70d12a36a2f23b6cc6a7
0d853e1fc458baba6105b993e5883cc7
0c2bd968074b60de1ddb516adbedde54

これだけ抜いてきても、面白みが大して伝わらない気がしますが、プレイ中にサラっとぶっこんできて結構笑いました。

こんな感じで、1ギャグ4コマ以内にまとまっていて、テンポがいいと感じました。

この作品で感じたこと


最大の武器だと感じたのは、ルートという概念に縛られないことです。この選択肢を選んだらこのルートに行くかなとか余計なことを考えずに、純粋な気持ちで、ヒロインと過ごすことが出来ました。

純粋な気持ちだからこそ、全ルート攻略のために、時には自分の気持ちに嘘をつかなくてはいけないと思うと、悲しさ倍増です。



公式サイトはこちら
http://www.hook-net.jp/ixshetell/